里山住宅博inつくば、2019年6月1日グランドオープン。

「里山住宅博inつくば」は、2019年6月から11月まで開催される、期間限定の住宅博覧会です。
2016年に神戸で開催され話題を呼んだ「里山住宅博in神戸」に続いて、関東域ではじめて開催されます。
開催概要はこちらから

そこには、ゆっくりと流れる時間がある。

自然は正直です。みかんの木を植えると、アゲハチョウがやってきます。小さな池を設けると、小鳥やトンボがやってきます。小鳥や虫たちは、植物の種を運び、そうしていっそう緑が豊かになっていきます。

人も、自然の一員です。住まうこと自体が歓びになる、そんな町をつくりました。

「里山住宅博inつくば」は、これからの積極的な郊外居住のあり方を示す住宅博覧会です。期間終了後は、モデルハウスは住まい手に譲り渡され、永く住み継がれる町になります。

この町の住民になりませんか? 博覧会で、お待ちしています。

ぜんぶが、工務店がつくる地元の木の家。

いばらきの木

住宅博の建物は、すべていばらきの木を使って建てられます。工務店が腕によりをかけてつくる家を、じっくり見てください。
詳しく読む

展示場ではない、ホンモノの町。

里山住宅博in神戸 町並み1

住宅博期間終了後は、建物は住まい手に引き継がれ、住み継がれる町になります。等身大の建物と町が見られるのが魅力です。
詳しく読む

里山のある街の魅力

近隣風景

住まいは、寝に帰るための「ベッドタウン」ではなく、暮らすことそのものを楽しめる場所へ。
里山付き住宅・積極郊外、という考え方。
詳しく読む

PAGE TOP